「家で暮らすを諦めないで!」

段差解消機のパイオニア「大邦機電」について

介護が必要な方や車椅子を利用されている方にとって、「段差を乗り越える」という動作は大変な労力を必要とします。その段差があるばかりにひとつの部屋で過ごすようになったり、外出を控えるようになったり、愛着のある家を離れることになったりする方も少なくありません。段差解消機「ダンサスケット」の開発・製造を通じて、そのような暮らしを安全で快適にする提案を行っています。

大邦機電の想い

介護や車椅子が必要になると、それまで快適に暮らしてきたはずの我が家がまるで違った表情を見せるようになります。玄関までのアプローチの段差、玄関の踏み込みの段差、階段が超えられない、上れないばかりに、ご自宅での暮らしが不自由に感じられる方も多いのではないでしょうか。

「病院に通う」「買い物に出かける」「庭で花を愛でる」…… そんな日常のちょっとしたことが自然にできるようになったら、豊かでハリのある生活が送れるのではないでしょうか。段差解消機「ダンサスケット」を通じて、ひとりでも多くの方に快適で安全な暮らしを届けられたらと考えています。

段差解消機「ダンサスケット」は、不自由な生活をすべて変えることはできないかもしれません。でも、少なくとも家の出入り・室内の移動を助けることはできます。「家で暮らす」というあたり前の贅沢を諦めてほしくない。私たち「大邦機電」は、その想いを大切にしています。

企業理念

一生に一台の機器

お客様のご使用いただく機器は、お客様にとって一生に一台のものになることと考えて、お客様のニーズに最も適した機器をご提供できるように創意努力しよう。

WIN=WINの関係

私たちがおつくりした機器によって得るお客様の利益と、その代価としていただく私たちの利益が等しくなるように努力しよう。

隣人愛の実践

自分を愛するように自分の隣人を愛していこう。

法令順守

介護保険サービスを担う事業者として法令を順守し、適切な人員配置や設備により利用者に適切なサービス提供を行おう。